月のアイコン スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| カテゴリー:スポンサー広告
月のアイコン カーリング投法
2010-01-23 Sat 02:17
ボウリングでは、基本ストライクをとることが勝利への絶対条件となります。
その為、人々はストライクを様々な方法で狙います。
恐ろしいスピードのストレートボールを投げ込んで、勢いで倒す人。
すんごいカーブをかけて、回転力というかなんというか物理演算的なアレで倒す人。

まぁストレートボールよりカーブボールの方がストライク取りやすいんですけどね。
だが、カーブを投げられない人がここに………
それどころかゲームが進むとストライクすら出せないという体たらく。
ボウリングって何故1本残るのかなぁ。不思議でならない。
更には5ゲーム1000円とかのサービスの時には3ゲーム辺りから手首が死んでスコア100すら超えないという………。
そこで編み出したのが、カーリング投法。
カーリングという競技はご存知かと思います。
今度のバンクーバーオリンピックの競技でもあります。ちなみにバンクーバーはカナダです。たしか。

あの投げ方をボウリングでも利用するというものです。
姿勢を極端に低くして、リリースするギリギリまで、狙っているピンと手首の位置を同じにする。狙っているピンとリリースポイントを同じにしている方は多いと思いますが、これは姿勢を低くして、野球のアンダースローのようにボールが地面に擦るくらい低い位置から投げることです。ここまでするともはや投げる、ではなく転がす、ですけどね。
ぁ、実際に地面に擦ったらダメですよ。
この投法により、普通に投げるよりも落下時の衝撃が少ないため、コントロールが(気持ち半分)あがります。

私はストレートしか投げれないのですが、多分リリースするときの力加減が悪いんでしょう。シュート回転して右側に微妙に曲がるクセがあるので、真ん中より若干左寄りから投げるんですが、これにしてから妙に調子がいいです。
カーリング投法だとコントロールもそれなりに安定するので、1本の時も大抵とれます。
あと手首への負担も減る………かもしれません。私は多分減りました。

とりあえずまとめ。
メリット。
レーンに落ちるときの衝撃がほぼないため回転が素直に伝わりやすく、コントロールが上がる。
よって1本の時でも狙い易い。
疲れにくい。

デメリット。
友達から変な投げ方と言われる。
うっかり地面にぶつけると白い目で見られる。
たまに自分も一緒に行ってしまう可能性がなきにしもあらず。

賭けなしのときなど、余裕があったらチャレンジしてみてください。
| カテゴリー:大学生日記 | ▼コメント(2件) |
この記事のコメント

俺もボーリングはちょいちょいいくので今度試して見ます。カーリング投法 笑
| 2010.01.26 Tue 00:38 | ける | 内容修正 |

よろしければ結果、教えてくださいね。
酷評されるのを期待してます 笑
| 2010.01.27 Wed 00:35 | シミリア | 内容修正 |

コメントの投稿
 
 
 
 
  シークレットモードを有効にする
 

| のんびりまったり |

Links

カテゴリーとブログ内検索

全ての出来事を表示する。

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。