月のアイコン ある日、山中での出来事
2009-03-10 Tue 01:49
それは、ごく最近のハナシ・・・・・
友達はよく走る。
とりあえず走る。意味もなく走る。
私はそれに付き合わされる。
今日もそうだと思っていた。
ただ、今日は違った。
ルートはいつものコースではなかった。
気がつけば山の中。
正直右も左もわからない。
同じ町なのに、右も左も。
違うのはそれだけではない。
何故か女の子がいる。しかも2人。
1人は半年ぶり、1人は2年ぶり。
そして、走るのではなく、話している。
とてつもなく長話をしている。
時間がいくつあっても足りないくらい。
誰かがボケて、誰かがツッコんで、誰かが誰かをけなして、誰かが誰かをそれで笑って。

3年前と何も変わってないってよく言われるけれど、やっぱり色々変わっている。
身体的なことはもちろんだけど、やっぱり結構変わっている。
3年前は、こんなことをする人間ではなかった。
どこからどうみても億劫な人間で、誰かこんなにアクティブだと思っただろう。
自分でもビックリだ。3年前のある夜、友達から誘われた。
この地で初の夜遊び。親に心配かけないかと気になったけれど、行ってみた。
これほど面白いものはなかなかないと知った。
昼と夜とでこうも違うものかと。
なんかよくわからないけれど、とてつもなく面白かった。
ポケベルであんなに笑えると初めて知った。
それからは呼ばれる度に参加して、今では常連となり、夜遊ぶ時はまずいの一番に連絡される人になってしまった。
親にバレたときはどうなるかと思った。
だが、あろうことかあっさり受け入れ、それどころか「うちに呼べ」との素晴らしいお言葉をいただいた。
親が神様に見えた瞬間だった。というか、神様が仏様になった瞬間だった。意味がよくわからないけれど。
ちなみに私の苗字は稲尾じゃない。

そんなことが出来るのもあと2週間。毎日行くわけじゃないから、実際は全然だけど。
でも、明らかにペースが上がっている。泊まるペースじゃなくて、夜に家を出るペースが。
名残惜しいからなのか、それとも・・・。
千葉にいくまでのしばらくの間、楽しもうと思う。
夏休みは関西に繰り出そうかな。
正直、今の市内より地理がわかる気がする。
10年より2、3年の方が印象が強烈だから。
例え街が変わっていたとしても、景観や雰囲気はそんなに変わっていないハズだから。
| カテゴリー:高校生日記 | ▼コメント(0件) |
この記事のコメント

コメントの投稿
 
 
 
 
  シークレットモードを有効にする
 

| のんびりまったり |

Links

カテゴリーとブログ内検索

全ての出来事を表示する。

アクセスカウンター