月のアイコン スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| カテゴリー:スポンサー広告
月のアイコン フィクションとノンフィクション
2008-05-05 Mon 23:59
今日のひとこと~表裏一体編~
表があれば裏がある。
1位があれば最下位もある。

そういうこと。
さて、コレはなんでしょう?
NEC_0631.jpg

何かしらの町内無線が発せられるものだと思っていました。
実際は、
NEC_0624.jpg
ダムが放流される時にサイレンが鳴るのです。
それはもうすごい音で(地元の人談)わざわざ聞いたさwいやむしろ(ry

もうね、ダムといえばすごいよね。
NEC_0627.jpg
一種の湖だよ。貯水だから当たり前だけどね。

しっかし・・・こんなに広いスペース・・・どんだけ山を切り開いたのだろうか。
どれだけの木が倒され、処分されたのか。
環境保全とかいう時代ですがね、所詮戯言。
現に今だって利便性を理由にガソリン税等々で高速道路を作るために山を切り開いている。
そしたら木が減って二酸化炭素を吸うものが無くなる。
結果は温暖化の悪化・・・だよね。
国は京都会議で決めたの基準さえ守ればいくら木を切り倒してもいいんじゃないかと思ってるのではないか。
環境<便利の時代に終わりはないだろうね。
人間は欲が深いから。便利に更なる便利を求める、そんな生き物。


っと、ハナシがだいぶ逸れた。しかも全く関係がない。
このスペースは、ホントは元からあったスペース。
もちろんただあったのではない。





村がありました。





村がこの底に沈んでいます。
先人たちが荒地だった山を耕して、住めるようにして、家を建て、そこで生活していた。

そこに立ち上がるダム計画。
住民たちは当然反対した。
だが、強制的に村から追い出され、村は水の底へ沈んでしまった・・・・

聞くところによるとその村と運命を共にした人もいるのだとか・・・
役人から隠れてね。
一つ村を犠牲にして、今あるほかの村に水を供給して、その村の人は生活をしている。
NEC_0626.jpg
この、自分たちの先祖が暮らしていた、村があった、水のおかげで。
ダムがなければ、干ばつでみんな死んでいたのかも。そう思うと仕方がないと思う。

毎年の決められた時期。
このダムを訪れると、今でも村の痕が水の底に見える。

ちょっと、見て見たい気がする。
さて、なんか非常にしんみりとしたムードでお送りしました。
コレを書いているときにたまたまyouの詰め合わせ聞いてたからなんかすげー悲しくなった。
涙が出てきそうになったよ。

なんかね、隣に居たおじいさんが意気揚々と話してくれました。
「このダムの底にはな、わしの親父がいるんじゃよ。後で行くから、といって二度と帰ってこなかった。ずっと待っていたけど、帰ってこなかった。もちろん死体なんてあがらなかった。とても悲しかったなぁ」

オレを泣かせるつもりかこのじいさんはっ!!!!!
そんなことを明るく話すな!!!泣かないために腕つねったぞ!!!!!

うん、いいハナシだった。

オマケ
実際はこんなカンジ。
公開期間は1週間が限度かな。すぐ流れるから。

では!!!
注意:今回は勝手に地球温暖化を二酸化炭素のせいにしましたが、実際にはまだ二酸化炭素が原因だと科学的に証明されていません。(テストでも、二酸化炭素が原因だと言われている温室効果ガスって書かれているハズ)誤解のないようにお願いします。
| カテゴリー:高校生日記 | ▼コメント(2件) |
この記事のコメント

村人が去ってから何年もかけて工事をして
ダムは作られるので村民が水の底に眠るとか
行方不明者が出るってのは
おはなしの世界
って聞いたことあるのですが

そんなおじいさんが居るってことは
現実なんですなぁ
昔は人柱とかありましたし
| 2008.05.06 Tue 19:30 | ダイフク | 内容修正 |

私もそう思ってたんですけどね・・・
いざ、水を投入する時にガマン出来なくなって戻ってしまったのかもしれませんね。

でもダム建設は必要とあれば仕方ないですよね・・・
複雑な気持ちです。
| 2008.05.08 Thu 18:57 | シミリア | 内容修正 |

コメントの投稿
 
 
 
 
  シークレットモードを有効にする
 

| のんびりまったり |

Links

カテゴリーとブログ内検索

全ての出来事を表示する。

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。